生活

dカードの振替口座を住信SBIネット銀行にする方法

就職のために引っ越してくる際、

地方銀行が使えなくなるので住信SBIネット銀行の口座を開設しました

これまで、dカードの口座振替には地元の地方銀行を利用していましたが、

今回住信SBIネット銀行に変更しました

変更するまでに分かりにくいところがいくつかあったので、私の経験をもとに紹介します!

dカードは住信SBIネット銀行に対応してない!?

ちゃんと対応していますのでご安心ください!

2021年4月14日から対応を開始したようです

ちなみに対応銀行は以下の通りです(2021.7.26現在)

dカード口座振替対応銀行(d-card.jpより)

対応していないと勘違いした理由

dカードの登録内容変更は基本的にネットで行うことができます

というわけで、最初はdカードアプリを開いてネットでの手続きを試みました

dカードアプリを開いて、口座変更用のページへ

ネット銀行は「その他」の項目だろうなぁ

クリック!

え…?

イオン銀行しかないんだけど?

住信SBIネット銀行が無い…?

その後、都市銀行などの項目も含めて全ての項目を確認しましたが「住信SBIネット銀行」は見つからず…

そんなこんなで「対応していないのでは?」と思ってしまったわけです

しかし、ネットでの手続きができないだけで対応していないわけではありませんでした!

というわけで、手続き方法について解説します!

住信SBIネット銀行への切り替えを書面で実施する

先ほども記述した通り、住信SBIネット銀行を含む一部の銀行ではネットでの口座変更手続きに対応していないようです

よって、書面または電話で手続きをする必要があります

書面での手続き方法について解説するので、参考にしていただけると嬉しいです!

書類を取り寄せる

まずは申請用の書類を取り寄せる必要があります

「dカードアプリ」を使って書類を取り寄せる方法を解説します

まず、dカードアプリを開いて画面の右上にあるメニューを開きます

そこから、以下の順で項目を選択していってください

  1. dカードの設定・お手続き
  2. 登録情報設定
  3. ご利用代金お支払い口座の設定・変更
  4. (画面を下へスクロールして)資料請求
  5. (画面を下へスクロールして)資料請求する
  6. (資料番号:2802を入力して)確認する
  7. 決定する

資料番号は

2802」です

これにて資料請求完了です

あとは書類が届くのを待ちましょう

1週間以内には届くはずです

書類の記入方法

次に資料の記入方法を解説します

こちらが書類の書き方見本です

今回は預金口座振替を申し込むのでA欄とG欄を記入すればOKです

必要事項を淡々と記入しましょう

5分もあれば記入は終わると思います

ここでのポイントは届出印を捺印する箇所です

住信SBIネット銀行では届出印がありません

こちらは自身の印鑑で好きなものを用いて問題ないようです

Q. 〔口座振替〕 住信SBIネット銀行では届出印がありませんが、カード会社等に提出する口座振替依頼書に届出印を捺印する欄があります。どうすればよいですか?

A. 口座振替依頼書には、お客さまご自身の任意の印鑑をご捺印ください。

当社では印鑑のご登録をいただいておりませんが、収納企業(クレジットカード会社等)によっては口座振替依頼書に印鑑またはサインが必要な場合があります。

住信SBIネット銀行 Q&A-よくあるご質問 より

また、捺印箇所が2か所ありますが右の欄は予備の欄ですので、

押し損じが無ければ1か所のみの捺印で大丈夫です!

書き終えたら、付属の封筒に入れてポストへ投函!

切手は必要ないのでご安心ください

あとは手続きが完了するのを待つだけです

変更までに2か月かかることもあるらしいので早めの対応をオススメします

まとめ

dカードの振替口座を住信SBIネット銀行にする方法を紹介しました

最初、ネットでの手続きができない点に驚かされましたが無事手続きできました

ポイントは以下の3点です

  1. 手続きは書面もしくは電話から
  2. 書面の場合はまず資料請求
  3. 届出印の欄には任意の印鑑で捺印すればいい

以上です!

この記事が誰かの役に立てば幸いです!

記事を読んでいただきありがとうございます(^^♪

さらに応援してくださる方は、にほんブログ村のバナーをポチっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA